HOME > 賃貸住宅 > 一戸建て賃貸「リースホーム」

一戸建て賃貸「リースホーム」

「リースホーム」とは?

「リースホーム」は30坪の土地から活用が可能な一戸建て賃貸住宅です。
集合住宅では得ることのできない快適性、機能性を取り入れる事で、「こんな賃貸住宅があったらいいな・・・」という入居者の願いをカタチにすることができました。
住む人の要望を十分に採り入れた「リースホーム」は長期に渡っての安定した賃貸経営をご提供いたします。

「リースホーム」のメリット

資産相続分割時の争いは年々増加傾向にあります。

 「相続時における一番のポイントは税金がかかるかかからないかではなく、平等な遺産分割が出来るか出来ないかです。」
 相続に詳しい税理士さんたちは、このように口を揃えます。特に現金が少なく、不動産財産が多い他主様にとっては相続人の数よりも所有する不動産の和が少ない場合などには、 平等に分けることができず、トラブルに繋がることが多々あります。
 将来のトラブルを回避する為にも、分割を想定して分けやすいカタチ、売却しやすいカタチで不動産の活用を考慮する事が重要です。

 となると、土地活用をいっそのこと行わなければ良いのですが、相続発生時に駐車場などの更地状態にあると、100パーセント課税されてしまいます。 建物を建てれば、税法上、「賃家建付け地」となり、更地にしておくよりも評価を下げる事ができ、より多くの財産を手元に残す事が可能です。
対策として建物を建てる際に、相続人が後々もめない為にも、相続人の数と同等以上の不動産に分けておくことが重要です。 分けやすいカタチに建てる方法として、戸建て賃貸が俄然注目を集めています。

戸建賃貸に住みたい人が多い理由

 「戸建て賃貸」と聞いて、昔よく目にした木造平屋を頭に思い浮かべる人がいるかもしれません。 しかし、最近の戸建て賃貸は一見、持ち家と変わらない建物が少なくありません。デザイン性も高く、若いファミリーが好みそうなお洒落なデザインのものが主流です。
 そして、その戸建て賃貸はまだ供給数が少ないので、競争力があります。戸建て賃貸は専有面積が22坪から25坪位の広々とした物件が多く、専用庭があるなど、入居者が自分の家のように使用することができ、小さい子供を持つファミリーが最も気にする上下階への音の問題もありません。

駐車場も各住戸の目の前に配置することで、アパートのようにわざわざ遠くまで車を取りに行ったりする手間も省けます。
 実際に大規模な鉄筋コンクリート造のマンションから木造の戸建て賃貸に引っ越してくるケースも多く見られ、 戸建賃貸は構造が木造であっても鉄筋コンクリート造マンションよりも競争力があるように思われます。
 また、法人で転勤族の方たちに人気があるのも、やはり戸建て賃貸です。所得がある一定以上あるうえに、会社からの家賃補助が見込める転勤族は、 ある程度強気な家賃を提示しても、決まりやすい状況です。

売却しやすい!換金性が高い!

 戸建て賃貸は外観もおしゃれで、持ち家としても十分価値のある商品が増えています。そのため、いざ現金が必要なときは、戸建て賃貸をそのまま売却することができます。しかも1戸単位で売却できるので、金額も大きすぎずアパートを売るよりも容易です。投資用で買う人はもちろん、自宅として購入したいという人もいます。アパートとは違い広範囲に売却先を探す事ができることは大きなメリットです。
 上記のような理由において戸建て賃貸の建設を検討する人が多いのですが、どこに建ててもいいということはありません。やはり、近年利便性の高い環境や立地が入居者から望まれています。まずは、きちんと市場性を分析して建てることが重要です。

商品ラインナップ

賃貸住宅

お問い合わせ:0120-01-0478

soramado

スタッフ紹介

宮崎工務店グループ

あんしん家主30

戸建賃貸まもる君

エムズリフォーム

ページトップ